上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の名前は”まりこ”と言うのだが、小さいときは”マルコ”と呼ばれていたときもあった。あの”母を訪ねて三千里”のマルコからの由来です。
小さいときは髪型がマッシュルームカットでしかも男の子によく間違えられた(笑)
色が白いので、ほっぺもすぐ赤くなるし、もうマルコにそっくりだったので。
開き直って、アメデオのぬいぐるみを腕につけてマルコになりきってみたりもしたけど、なりきってみてもあんまり面白く無いのですぐ辞めました(笑)
最近はあまり名前の事でからかわれないけど、一度NYに行ったときに近くにいたスペイン人と話をしていたら名前を聞かれたので教えると、ものすごく爆笑され
「なんで、なんで???」と聞いたら、スペイン語で「マリコーン」と発音するとゲイの事を意味するそうな。失礼だよなあ。スペインで自分の名前は言いたく無いな。
かと思えば、フランスでは「名前の響きがマリア様みたいで素敵だね。」だと(笑)
国によって大分解釈が変わる物ですね。
スポンサーサイト

Comment

おぉ。。
こういう子、いるだろうなぁと思ってました。
マルコは良いなー。。私もアメデオと戯れたい・・!
私は小さい頃、マリコちゃんて可愛い名前だなぁと思って羨ましかったのだけど。
名前ネタの別記事TBしますね。
ウルコさん
トラックバックありがとうございます。
わたしよりも悲惨な名前の人がいた...(笑)
上には上がいるものですねぇ。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
うんOする、おかま? 私の友達で、女の子ばかりの姉妹の長女で、付き合っていた彼が長男だったので、婿養子を希望していたご両親と結婚前に揉めてた子がいます。基本的に結婚しても名字が変わらないスペインだったら、こんな揉め事もないだろうなぁ・・。子どもが生まれると、お父さんの名字が第

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。