上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0971.jpg

デザインタイドのマーケットで買った、カメラのストラップ(右上)
とデザインに点字があしらわれた封筒(左上)。
障害者施設とアーティスト、企業をつないで特色を活かした物作りと
その新しい仕組みに取り組んだ「スローレーベル」のもの。
2009年より、ゾウの鼻テラスを拠点としてスタートした
横浜ランデヴープロジェクト。「スローレーベル」はその
取り組みの中から誕生した、全て一点モノの手づくり雑貨ブランド。

視覚障害者によって作製された、このストラップは一点一点違うカラー
リングで選ぶのにかなり迷いました。
その中でもいちばん明るいカラーリングの物がなんだかほんわかムードで
気に入ったので購入。

フェアトレードの物とかもちょっとデザインするだけで、素敵になるものも
あると思うのだけれど。アイデアは好きだけど、どうしてもデザインが好き
でなくて購入する機会がありません。
ふと、タイに行った時に訪れたジム・トンプソンの博物館を思い出しました。
タイでシルクの発展に貢献したアメリカ人。自らの生活にもタイの文化を
上手く取り入れていました。
伝統を上手くアレンジして取り入れる。その手法が絶妙。
製品の特徴をよく知った上でアレンジしているので、製品の良さが活きるのでしょう。

良い製品に出会って、どうやって作っているんだろう、どうやって使おう...
と後からストーリーが付いてくる方が印象に残ってプロモーションにもなると
思うのです。最近はストーリー先行のプロモーションが多くて、何となく買って
しまう事も多いので気をつけないと!!
後々まで気に入って使っているものは、やっぱり製品が気に入って買ってる物だから。

他の製品は青山のスパイラルマーケットで購入。
どれも、こうやって使ったら楽しいな!!と自分の中でイマジネーションが膨らむ
ものたち。
トングや菜箸にイマジネーション!!と思うかもしれませんが、この器に合わせて
とか、この料理に合うなとか色々思うところがあるのです。(笑)
見ているだけで楽しいのです!!でも、使っても楽しいのです!!!


←お買い物大好き!!というかたはこちらをクリック。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。