上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_may_3_1.jpg

手術の後のキット。
手術はホントに“あっ”という間で、正直拍子抜けしました。
全然痛くも痒くもなく...無駄な恐怖だったなと。

次から長文続きます。
前の日の夜は、まんまと悪夢にうなされ、頭蓋骨に穴を開けられる
夢とか(レーザー手術だってば)、翌日目を開けたら失明してるとか...。
精神的にかなりのプレッシャー。

当日は、「何か質問は?」と聞かれて、
「手術中にくしゃみが出そうになったらどうすればいいんですか?」
と聞いたら「我慢して下さい。手術を途中で止める事は不可能です。」と
言われ、余計恐くなりました。
だって、くしゃみなんて止められないでしょう?
合図すれば、止めますとかさぁ~そう言う配慮が必要よね。
なんて、暗い気持ちで手術室へ。

手術はほんの5分か10分位。
何されているのか、良くわからなかった...。
というのが正直な感想。
手術中は先生から「はい、上手く行ってますよ。その調子で。」
なんて、励まされながら進行して行きます。
でも個人的には、「今フラップ開いてますよ。今からレーザー当てます」とか
中継して欲しかった。なんか光がぱーっと当たって恐いんですよ。精神的に。
なんかUFOが頭上から降りて来てさらわれる感じ。
光が凄く眩しくて、気絶しちゃう感じって言えば分かりますかね。
最後におそらくフラップを閉じる時に、目の前にハケが走るのがちょっと
恐かった。縦、横とぺろぺろっと目の表面を撫でられるんですよ。
目を直接触られるのって、やっぱり駄目かも~全然痛く無いんですけどね。
先生が何か言ってるんだけど、気が動転しているので、何言ってるか分からない。
しゃべると顔が動いちゃいそうで怖いので、もう固まってましたよ。

手術終わった後、看護婦さんに「具合悪くないですか?」と聞かれ、
「ちょと悪いです。気が動転して」と素直に答えるも、
「皆さん、そうですよ~大丈夫ですよ」と励まされる。
優しい人がいて良かった...。

暗い部屋で少し安静にした後、手術後のチェック。
きちんとフラップが閉まってるか確認します。
そしたらさぁ...男の人がひとり...「目がゴロゴロするんです。」って言う人が
いて...「あ~フラップにしわが寄っちゃってますね~。」だって...。
目の表面が乾燥すると、そうなりやすいと聞いて、診察待つ間ず~っと目を
つぶってました(笑)。

手術後は、写真の目薬を1時間置きにさすのですが、乾燥の恐怖に耐えられなく
結局30分おきに、乾燥を感じたとき用の目薬と、たまに痛み止めをさしてました。
コンタクトがずれたり、乾燥した時に感じるゴロゴロを感じるんですよ。
それって、乾燥のサインなんですって。

総評すると、手術やその後に感じる違和感や痛みは、コンタクト装用時に感じる
物とさほど変わりがないので、全然耐えられると言う事。
本日手術の翌日ですが、目の違和感はほとんど無くなりました。
目がよく見えるせいか、何となくコンタクトを入れているような感覚のみ
残っていますが...。これもそのうち無くなるのかな?
まだ、あんまり実感が無い。
でも、よく見えると色々眩しく感じる。
本日の検診で、視力がいくつになっているかが楽しみです。
計るのかな?


←がんばれM*!!という方は左の画像をclick!!

スポンサーサイト

Comment


レーシック、その後ですね!
すごく気になってました。
やってみたいなー、とは思うのですが、どうも怖くて・・・。
中継してくれた方が精神衛生上良さそうですよね。
友人にもレーシックやった人がいるのですが、手術後の乾燥が怖くて家帰るまで眼を閉じてたって話してました~。(帰るまで付き添ってくれた人に手を引いてもらってたそうです)
品川さん
お友達の気持ちわかる~私も電車の中では目をつむってた。
帰りにお家まで1時間以上かかる人は大変だろうな...とおもいましたよ。
私は電車の中で、目の異物感に耐えられなくて目薬さしました!!
経過は良好で、少しずつ裸眼の便利さを実感している今日この頃です。
やってしまうと恐く無いから、お薦めですよ。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。